手術日変更のお知らせ

 火曜日・木曜日の他、金曜日・土曜日も手術日となりました。
症状により、1泊のご入院あるいは軽症であれば日帰り手術も行なっておりますので、金曜日や土曜日をご利用されることも可能です。 
 
◎ 女性専用外来休診のお知らせ、平成28年8月3日は都合により通常外来とさせて頂きます。
  女性医師をご希望の方には大変ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどお願い致します。
 
◎ 平成28年5月16日より当院で発行する処方せんは、一部を除き『先発医薬品』か『後発医薬品(ジェネリック薬)』を患者様に保険薬局にて選んでいただくことが出来るように”一般名処方”の記載に変更となります。
  医師が商品名を指定して処方する場合や後発品(ジェネリック薬)が存在しないお薬などに対しては、今まで通り商品名での記載となります。
  ご理解の程お願い致します。
 
◎ 平成28年4月1日より、東センター長の研究日が金曜日から水曜日に変更となりました。
  水曜日は理事長不在となりますのでご理解の程お願い致します。
 
◎ 平成28年4月1日より、小山医師の診療を休診とさせて頂きます。
 
◎ 平成28年4月1日から、医療改定に伴い薬の処方が最大で1ヶ月までとなります。
 
 

 
新しい胃・大腸内視鏡システムを導入しました。
(栃木県で初めて導入)
 
EVIS LUCERA ELITE
 
ビデオスコープ 
・OLYMPUS PCF - H290 L/I
・OLYMPUS GIF - XP290 N
 
 
 
 

    
 
この新しい内視鏡は、画質の著しい改善とNBIなど特殊光観察時においても明るさを維持し、視野角もより広角化されています。近接時に鮮明な映像が得られるDual Focus機能や、Responsible Insertion Technologyといった最先端の技術が搭載されております。
大腸内視鏡では、受動湾曲といって患者様の苦痛軽減をサポートするよう改善されています。また、高伝達挿入部により、挿入性が向上されました。
極細径(経鼻)内視鏡における胃内視鏡においても、今まで問題となっていた明るさや画質などが劇的に改善され、スクリーニングから精査まで幅広い内視鏡診断で使用できるようになりました。
 
この最先端の装置を用いて、さらなる大腸癌、胃癌の早期発見を目指します。

2015.4.1

平成27年4月10日より外来診療での投薬が「院外処方」に移行となりました。

外来患者さんには当院にて「院外処方せん」をお渡ししますので、ご希望の保険薬局にお持ちいただき、お薬を受け取って頂くことになります。


2011.10.1

駐車スペースが増えました。

道路をはさんで向かい側、石川パーキングの1番~6番も停められるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください >>


2011.1.27

細径拡大内視鏡を導入しました。

EVIS LUCERA 大腸ビデオスコープOLYMPUS PCF TYPE Q260AZI

早期癌の診断に非常に有用な最先端内視鏡です。

硬度可変機能と副送水機能搭載、NBIと拡大観察の併用を可能にした細径大腸内視鏡。

NBI(狭帯域光観察)機能と病変を拡大し、診断することが可能で、細径であることから通常の内視鏡と同様に、苦痛の少ない安楽な検査が可能です。


2010.7.1

日本初の直腸・肛門用3D超音波装置を導入しました。

従来の肝・胆・膵はもちろん、これまで難しかった肛門や直腸腫瘍においてもさらに正確な診断が可能になりました。

詳しくはこちらをご覧ください >>


2010.6.1

「診療順番受付サービス」を導入しました。

再診の方は、ご自宅や外出先の電話/インターネットから、当日の診療の順番受付ができるシステムです。

メールや電話で「お知らせ」する事もできます。是非ご利用下さい。

※ 当院に受診歴のない方は利用できませんのでご注意ください。

※ 完全予約制ではありませんので、直接来院していただいても診察はできます。

詳しくはこちらをご覧ください >>


 

 
 
 

 
 
2016年7月
 
梅雨の時期がやって参りました。
 
私にとっては嫌な季節の到来です。
 
なぜかと申しますと・・・最近、庭の薔薇に興味を持ち始めたからです。
 
梅雨の時期は「黒星病」に気をつけなければなりません。
 
黒星病は糸状菌というカビの仲間で、これが雨の水滴によって葉に入り込み発病します。
 
一度発病すると病葉から菌が落ち全体へ広がっていくのです。
 
ですので見つけ次第ゴミ箱に!!
 
そもそも植物に無関心だった私が興味を持ち始めたのも、去年の秋頃に邪魔だからと切ってしまった薔薇が今年の春から大輪の薔薇を咲かせたのです。
 
香りも強香なので、すごくいい香り、日々お手入れするうちにすっかり魅了されてしまいました。
 
今では「ローズシナクティフ」という薔薇から始まり、「ラブリーメイアン」「ティファニー」などの薔薇に囲まれた生活を送っています。
 
 
2016年6月
 
陽射しの眩しい季節になってきました。
 
気温の変化が激しいので体調管理には十分お気を付けください。
 
さて、先日76歳になったばかりの私の祖母がスマホデビューを果たしました。
 
祖母は以前から珍しいものや新しいものが好きで、封切りしたばかりの映画を見てきたのとおススメしてくれたと思ったら年齢指定のある中々に過激な映画だったりする元気で楽しいおばあちゃんです。
 
まだまだ慣れないスマホで誤変換や不思議な絵文字を交え、躍動感溢れる手ブレの写真と共に近状報告をしてくれます。
 
最近はヴィレッジヴァンガード(若者向けの遊べる本屋さん)にハマっているそうで…(笑)
 
今まで以上に祖母との交流が増えたので、面白い報告が来るのが更に楽しみな毎日です!
 
2016年5月
 
先日、10年程使用していた愛用の時計が突然動かなくなりました。
 
時計屋さんで診てもらうと、電池が切れているという事でしたが、確か、前回の交換から2年も経たない程の事でしたので、心配となりお店の方に聞いてみると、オーバーホールを勧められました。
 
そろそろかなと以前より気になっていた事もあり、思い切ってお願いしてみる事にしました。
 
依頼より数日後に時計屋さんより電話があり、部品交換が必要な事を告げられました。
 
一見プロでも見つからない故障が、分解して詳しく調べる事で判明しました。
 
思えば私も来月で40歳となります。
 
最近になり、突然胸の辺りが苦しくなったり、腹部に違和感があったり、若い頃にはなかった症状が体に出てきています。
 
長い年月使用していると、機械でも人でも、不具合が生じてくるものです。
 
愛用の時計が帰ってきたら、今度は体のメンテナンスに人間ドックを計画してみる予定です。
 
 
2016年4月
 
「本能覚醒」
 
日曜日はスーパーヒーロータイム
 
3歳の息子は戦隊物、仮面ライダーが大好き。
 
それにつられて自分も日曜の朝は早起きする生活。
 
2月から新しく始まった動物戦隊ジュウオウジャーに親子でとりこに。
 
今どきの戦隊物はCGも多用されてすごい。しかも今回のジュウオウジャーはいい意味で昔の戦隊物の感じがあって、懐かしさを感じます。
 
敵が宇宙からやってきて、地球を守るといったおきまりのストーリーですが、1人は人間でその他の4人は人間と獣の特徴を持つジューマンという斬新な組み合わせです。
 
ジュウオウジャーの中でも、ジュウオウイーグル(赤)は「本能覚醒」すると翼を広げて飛ぶことができます。
 
これがまたかっこいいのです。って子供より楽しみにしてるかも。
 
ぜひ興味があれば見てください。
 
 
2016年3月
 
暦の上では立春を過ぎました。
 
まだまだ寒い日々が続いていますが、梅の花も咲き始めています。
 
もうすぐ暖かい春が訪れようとしています。
 
先日、わが家では4歳の娘と一緒にお雛様を飾りました。娘は「どうやって飾るの?これはどこ?かわいいね。」とテンションが上がり楽しんでいました。
 
やはり、ひな祭りは女の子の行事だなぁと感じました。
 
わが家には祖母、私、娘それぞれにひな人形がありますが、歴代のものを比べると顔立ちが変わってきているようです。
 
私のお雛様は顔が丸く、目がきつくて細く、怖い感じのお雛様です。
 
娘のお雛様は、細身の顔でほんのりメイクもしてあり、着物も色鮮やかで華やかです。
 
時代とともにひな人形も大きく変わってきているなぁと感じました。
 
「桃の節句」と言われるこの行事は女の子を祝うお祭りです。
 
ひな祭りにハマグリのお吸い物を食べますが、ハマグリの上と下二枚の貝殻がぴったりと合わさるのは一組だけなので、ぴったりの男の人と結婚できますようにとお祈りして食べるそうです。
 
とてもロマンチックですね。
 
ひな祭りは、美しくて楽しい日本行事です。ひな飾りをするときの気持ちを忘れずに、美しい心を持ち続けて行きたいものです。
 
2016年2月
 
暖かい年明けとなりました。
 
我が家は昨年長男が大学進学の為上京、長女も少し遠い高校に進学した為、早朝出かけ帰宅も遅く自分の時間が、ぐんと増えました。
 
20数年年賀状での挨拶のみだった友人達も同じようで、大学病院勤務時代の同期から「久しぶりに会いましょう、是非桜の時期にでも会津にいらして下さい。」や「今年は一緒に春スキーでもいかが?」(新潟市に住む友人)など再会を予感する年賀状が増えました。
 
ランチ仲間の首都圏に住む同期と相談し、今年は遠くに嫁いだ同期との再会旅行を企画しようと思います。
 
今年も1年健康で楽しい年になりますように。
 
 
2015年1月
 
こんにちは。
 
今年もあとわずかですが、皆様はどんな1年だったでしょうか?
 
わが家では1月に引越しをしましてもうすぐ1年が経ちます。
 
3人の子供達も新しいお家に慣れてきた所です。
 
ただ来年3月には3人卒業という大イベントを控えており、受験や卒業準備で忙しく過ごした日々でしたが、おかげ様で無事に上2人の進路も決まり、卒業を迎えるだけとなりました。
 
新年は新しいスタートを迎える子供達を応援できる様に、仕事面でも更なる成長に向けがんばっていきたいと思っています。
 
これからが冬本番で寒い日が続きますが、皆様体を冷やさないように。(オシリも冷やすと良くないですしね。)
 
体調管理には気をつけてお過ごし下さい。
 
 
2015年12月
 
紅葉もあっという間に終わり、冬の足音が近づいてきました。
 
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
先日、私の息子が2歳の誕生日を迎えました。
 
他人の子供の成長は早い・・・などとよく話すことがありますが、自分の子供でも「早いなぁ~産んでから、もう2年経つのかぁ~」としみじみと思いました。
 
月日が流れるのが早く感じるのは年のせいでしょうか・・・(笑)
 
ついこの前までハイハイしていた子が、いつの間にか小走りで走り、追いかけるのが大変なくらいです。
 
日々、仕事に家事に子育てに・・・とバタバタとしてしまい見逃しがちですが、あっという間に大きくなってしまうわが子の成長を、しっかりと見てあげたいなぁと改めて思わせてくれる誕生日でした。
 
これからますます寒くなってきます。皆さん体調には気をつけて、風邪など引かぬようお過ごしください。
 
 
2015年
 
日増しに秋の深まりを感じる季節となりましたが、いかがお過ごしですか。
 
先日、地区対抗のスポーツレクレーションがありました。年代別の競技で、私たちは毎年家族で参加しています。
 
私は30代以上女子の50m走、自治会対抗リレー等に出場しました。
 
若い頃バレー部で鍛えた脚力のおかげで、50m走では見事一位になりました。
 
子供達が喜んでくれたことが、何よりも嬉しかったです。子供達もリレーに出場し、二位と立派な成績を残し、私と夫も出場した綱引き、リレーでも好成績を残し、子供達も大喜びでした。
 
その日の夜、次女が宿題の日記に「お母さんが一位になってかっこよかった」と書いていました。その言葉を思い出すたびに、足の筋肉痛が和らぎ、来年への意欲がフツフツと湧いてきてしまうのでした。
 
遠足、お芋堀り、りんご狩り、秋祭り、耳鼻科通い、皮膚科通い・・・今月はまだまだ予定が目白押しです。
 
私も筋肉痛と戦いながら、仕事に家事に育児に励みたいと思います。
 
2015年
 
先日、父から渡された「伝道法語集」というメモ用紙の中に「長寿十訓」少事、多歩、少言、多行という文言があった。
 
良いことだとわかっていても、つい楽な方へと行動してしまうのが今の自分だ。
 
たぶん自分だけでなくほとんどの人もそうなのでは・・・。
 
しかしそんな自分も週に一度だけだがジムに行き、また週に何日かは徒歩出勤を心がけている。
 
でも義務で行っているようなものだ。
 
趣味として行えれば一番いいのだが・・・。
 
年々衰えを感じる自分に活!!
 
 
2015年
 
夏も終わりを迎えようとしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
 
私個人としては、夏が大好きです。
 
大好きだからと言って、これといってマリンスポーツをする訳でもなく、山が好きという訳でもないのですが・・・。
 
なんとなく昔から、夏が来るとワクワクします。理由は・・・思いつきませんが、1つ?2つ?思い当たることがあるならば・・・・・
 
私は、洋服を買うとが、結構好きです。夏は洋服代が安くてつい何着も買ってしまいます。
 
それを家で1人でファッションショーするのが、密かな楽しみです。
 
本当に、オシャレの人は秋や冬になって、何枚も洋服を着こなす?のが楽しいと思うのですが、私には、そんな技はないので、夏の薄着の上下のバランスぐらいで丁度いいのです(笑)
 
それになんと言っても、暑い日に飲むビールは、格別です!!夕方レディオベリーから流れるキリンビールの栓を抜くCMを聞くと、早く家に帰ってビールが飲みたくなります。(笑)
 
悲しいことに・・それぐらいですかね・・・
 
それに比べて、19歳になる1人娘は、とても夏を満喫しています。
 
娘は今年3月に運転免許を取り、車も購入しました。
 
4月から看護学校に入学しましたが、高校時代とは全く違い、勉強はかなり大変のようです。
 
そのストレスからか、夏休みは、ほとんど家に居ません。友達と、花火大会、プール、映画、カラオケ・・・ets・・・。さぞかし、楽しい毎日を過ごしていることでしょう。
 
夏休み終了直前に、課題が終わらないと騒いでも、私は知りません。
 
あっ、言い忘れました。娘が運転免許を取ったおかげで、よく2人で居酒屋に行き(娘はもちろん、ノンアルコールです)帰りは、娘の運転になるので、代行代が浮いて助かります。それも、楽しみの1つですね。
 
夏も、もうすぐ終わり。皆様もいい思い出作りをして下さいね。
 
2015年
 
梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。
 
雑誌などの表紙を見ると、青を多く使っていたり、リゾート地や花火など、涼しそうな写真を使っていたりして夏の気分を高めさせてくれるのが分かります。
 
夏気分を満喫する為に海へ山へとお出掛けする方もいらっしゃるでしょう。
 
ここで私が考えた「夏休みっぽいこと」は”虫を採りに行く”です。
 
今ではなかなか採れないようですが、カブトムシやオオクワガタなどが手に入ると、思いがけず気分も上がるものです。
 
私が小学生の頃などは、実家近くの林まで、夜、懐中電灯を持って大きな木の下を探しに行きました。
 
昼間、すいかの皮などを仕込んでおくと、夜見に行った時いるんです。
 
宝探しのような気分でした。
 
もしこの夏、避暑で山方面に行かれる方は、ミニ探検の感覚で親子さん揃って探してみると楽しいかもしれませんね。
 
2015年
 
6月になり暑い日が続いています。これからもっともっと暑くなるので皆様体調管理には十分気を付けて下さい。
 
突然ですが、私がジョギングを始めてから1年以上が経ちました。
 
1年を通して考えてみると、3月~5月は快適に走れます。
 
6月~9月は地獄の様な暑さです。
 
10月~2月もまた地獄の様な寒さです。
 
知り合いや近所の方々に時々走っている姿を見られることがありますが、誰もが皆「すごく苦しそうで、恐い顔して走ってたよ」と言うんです。
 
でも、もともとの顔なんですよね・・・。
 
とは言え、一応女性だから今年は笑顔で走る様に心掛けています。
 
もし、どこかで苦しそうだけど笑顔で、辛そうだけど必死に我慢して走っている人がいたらきっと私かもしれません・・・(笑)
 
これからの季節は冬より体力的にきついですが負けずに頑張ります。
 
 
2015年
 
日中は汗ばむ程の季節となりましたが、皆様いかがお過ごしですか?
 
さて我が家では、二番目の娘がこの春社会人の仲間入りをしました。
 
入社して二ヶ月が経ちまして、先日初めてのお給料をいただいてきました。
 
少ないお給料の中、家族全員を食事に連れていってくれました。
 
一番下の弟の希望で回転ずしへ行ったのですが・・・皆遠慮があって中々お皿の数が増えず、いつもビールを何杯も飲む主人もお茶で済ませようとしていました。
 
見兼ねた娘は黙ってビールを1杯だけ頼んでくれていました。
 
高校生の頃は父親を避け口も利かない程でしたが、最近は少しだけ話をする様になってきて、大人になってきたのかな・・・と私もホッとしている日々です。
 
回転ずしの味はというと・・・正直味わって食べられなかった様に思いますが、とても嬉しく一生忘れられない日となりました。
 
これからもっと社会勉強をして、素敵な女性になっていってほしいな・・・と思います。
 
2015年
 
4月になり暖かくなってきましたが皆さんいかがお過ごしですか?
 
私にとって4月は紫外線からお肌を守る時季に突入です。
 
紫外線は肌に悪いとわかっていても、うっかりUV対策を忘れて外出してしまう事はありませんか?
 
春とはいえ、この時季の紫外線は強烈ですよ。ほんの少し日差しを浴びただけでも、お肌に影響を与えているのです。
 
春は気候の変動が激しい季節。暖かくなって過ごしやすくなるのは嬉しいけれど、紫外線が増えてくるのもこの時季です。特に急増するのが”UV-B”。
 
紫外線には”UV-A”とUV-B”、”UV-C”の3種類があり、そのうち地球に届くのがA,Bの2種類です。
 
”UV-B”は肌の表皮に急激に作用するのが特徴です。そのため、少しの時間でもお肌にダメージを与え、肌に炎症を起こしたり、メラノサイトを活性化させ、シミ、ソバカスを招くのです。
 
"UV-A”は表皮だけでなく肌の奥の真皮まで届くのが特徴のためシワ、たるみの原因になります。また、赤みや炎症が起きにくいので気づかずに日常生活の中でうっかり日焼けをしやすいものです。
 
皆さん!!紫外線との闘いは、もう始まっているのですよ。
 
冬を越したお肌はメラニンが少なくなっているため、ダメージを受けやすい無防備な状態。
 
たとえ肌表面に現れていなくてもダメージは確実に蓄積されていくものです・・・。
 
後で後悔しないためにも、今からUV対策を!です。
 
ちなみに、日焼け止めの際にチェックしほしいのが、SPFとPAで表されるUVカット効果。SPFはUV-Bを、PAはUV-Aを防ぐ効果を表す値です。
 
以上、お肌の弱い看護師からのお話でした。参考になれば幸いです。
 
 
2015年
 
春の陽気が見え始めたこの頃、皆さんはどうお過ごしでしょうか?
 
この陽気に誘われて、私は趣味のバイクでツーリングが今年も楽しみになってきました。
 
去年の6月までの3年間は50CCのベンリー50Sを大事に乗って県内を楽しんでいましたが、30キロまでしか出せない事もありましたので。
 
去年ついに免許を取得し28年前に発売されたレブルスペシャルを購入して茨城県や福島県にツーリングに行きました。
 
やはりレトロバイクは見た目も乗り心地も現行のバイクと違い楽しいです。
 
去年最後に行ったのは福島県の大内宿に行きました、皆さん箸ではなく葱で蕎麦を食べている姿が印象的でした。
 
そこの建物は木造で茅葺屋根の昔そのままと言った感じの建物で、所々に自動販売機などがぽつりとあったりと過去と現代が入り混じった世界観が楽しめるスポットでした。
 
そこで食べた蕎麦饅頭が私はとても美味しかったので今年も食べに行きたいと思っています。
 
今年も沢山の場所で様々な出会いと発見ができるツーリングが出来るといいな。
 
 
2015年
 
日ごとに暖かくなってきましたね。
 
皆様いかがお過ごしですか?
 
突然ですが、最近泣きましたか?
 
私事ですが、悩み多き40代、友人の前で泣きました。
 
『友人の「泣きたい時は我慢しないで泣いた方がいいんだよ。」』の
 
言葉で今まで我慢していた涙が止まらなくなり、一緒にハグして…
 
少しだけどスッキリしました。
 
分かち合える友人がいて本当に良かったと思います。
 
ありがとう。
 
皆様も泣きたい時は我慢しないで泣いてみて下さい。
 
 
2015年
 
みなさん今日は寒い日が続きますがお元気ですか?
 
年を重ねていくと旧友との再会も少なくなってきます。淋しいですね。
 
ところで、私の周りには60歳を過ぎたおじさん達が高校の同級生数人と
 
「安否確認会」と称して、定期的に集まっている人達がいます。
 
昔の話から最近の話題まで、聞いているだけで楽しくなります。
 
又、30歳を越した人達は毎年、年越て麻雀会なるものを開いて楽しんでいます。
 
若いから出来ることですね。
 
そして、お酒の好きな人達は毎年利き酒会(?)
 
色々なお酒を集め銘柄がわからないよう紙を貼り、番号をつけて、
 
どのお酒が美味しいか…と少しずつ飲み比べたりしています。
 
年々仲間が増え、今回は30~40名が集まり、お酒も一升瓶30本位集まりました!!
 
何にしても友人達と顔合わせ、近況報告が出来る事は楽しいですね。
 
いつまでも大切な友達と楽しい時間を過ごせるように元気に頑張っていきたいと思っています。
 
 
 
2014年
 
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
ブドウ・栗・梨… 秋といえば味覚の秋ですね。
 
宇都宮は立派な栗が取れますが、皆様の地域には
 
どんな秋の味覚がありますか?
 
美味しい食事は見た目も大事ですよね… という理由をつけて
 
最近新しい和食器を購入してみました。
 
和食器には花草や幾何学模様など色々なものが描かれています。
 
市松柄は古墳時代のハニワの服装にも描かれている程歴史のある模様です。
 
市松と呼ばれるようになったのは、江戸の歌舞伎役者佐野川市松が
 
この柄の袴を身に着けていたことからだそうです。
 
この他にも伝統のある模様は沢山あります。
 
皆様も調べていると中々奥深く面白いかもしれませんね。
 
 
2014年
 
朝・夕めっきり涼しく、過ごしやすくなりましたが、いかがお過ごしですか?
 
ところで、
 
秋は...スポーツの秋・食欲の秋といいますね。
 
これからは紅葉も見どころです。
 
紅葉は見られませんでしたが、先日の三重の伊勢神宮に1泊2日の参拝に行ってきました。
 
20年に1度の式年遷宮を迎え、日本人の心のふるさとと表現され伝統と歴史を持ち、
 
日本随一のパワースポットとしても有名です。
 
伊勢神宮はとても広く、静かで樹木も太く、圧倒されました。
 
なんだか願いが叶いそうです…
 
近々、群馬の草津温泉へ旅行に行く予定です。
 
その時は紅葉も食も楽しみたいと思います。
 
※皆さんもよい旅をして、地元のやさしさに溢れ、記憶に残る時間を過ごしてください。
 
2014年
 
皆さんこんにちは
 
今年も暑い夏をいかがおすごしでしょうか。
 
私は毎年夏になると毎週のように、川に行ってバーベキューをしたり、
 
海に行ってキャンプをしたりしていました。
 
毎年お盆になると、友達とみんなで地獄キャンプと題して、海に行くのが恒例になっていました。
 
一昨年の新潟は本当に地獄でした。
 
内容的には、まず出発が22:00ぐらいなので、ほぼ寝ないで現地入りします。
 
そして新潟、まあまあ遠いです。現地に到着したのが、色々休憩や、買い物をはさんだりすると、6時ぐらいでした。
 
その時の目標がとにかく寝ないで遊ぶ。でした。
 
買い物も最低限の食材を買って、残りは海で釣りをしたりして食料を調達するという感じでした。
 
6時ぐらいに到着するとまず、目を覚まさせるために海に飛び込みます。
 
その段階でめちゃくちゃ眠いので、がっつり目を覚めします。
 
そして食料調達のための釣りが始まります。何時間もやりましたが、釣れたのは5cm ぐらいの本当にちっちゃい鯛や、キスでした。
 
そしてもう一度みんなで海に入り、お腹がすいたので調理開始です。
 
調理開始と言っても、魚を釣る気満々だったので、食料はほとんどありませんでした。
 
わずかな肉と、何にも味のしないめっちゃ小さい魚を料理して食べました。
 
どこかに買いに行こうという話もでましたが、いかんせんキャンプ地がかなりの田舎で、
買い物に行くにもかなり時間がかかるとの事だったので、諦めて泳ぐことにしました。
 
そんなことしているうちに、時刻は14:00ぐらいになり、
 
日焼けをしようとみんなで寝っ転がったのが最後それから2時間ぐらい寝てしまいました。
 
起きた時が本当に地獄で、お腹も減っているし、眠いし、体は日に焼けて真っ赤。
 
完全に心が折れ、そのまま日帰りで帰ることにしました。
 
その帰り道に寄ったサービスエリアのラーメンが空腹ってこともあり、
 
相当うまかったのを覚えています。
 
そして最後は公園に寄り、本当にあった怖い話をみて、解散しました。
 
あのキャンプは本当に辛かったですが、しかしいまだに鮮明に覚えています。
 
今年はキャンプに行くことがまだできていませんが、
 
来年は必ず行きたいと思います。
 
夏はもうそろそろ終わってしまいますが、くいを残さない様、楽しんでください。
 
 
 
 
 
2014年6月
 
雨の多い季節となり我が家で、また、猫を飼う事になりました。
一時、我が家と周辺の野良猫を含め13匹の猫たちがいました。たくさんの猫たちが
庭で寝ている光景は猫好きの私でさえ不気味…と思う事が多々ありました。
 
知り合いの獣医さんにお願いし、その全てに避妊・去勢の手術をして頂きました。
その甲斐あってか一匹、二匹と減り、昨年最後の一匹が亡くなりました。
 
周りに全く猫がいなくなり寂しくなりましたが、同時に癒されていた毎日だった事に気づかされました。
 
そんな折、引き取ってほしい猫がいると獣医さんから連絡がありました。
 
引き取り手がなければ殺処分されてしまうかもしれないとの話でしたので、直に会いに行きました。
 
その訳あり猫は3歳の女の子、大切に大切に育てられていた ”箱入り娘” です。
 
クリクリ眼に見つめられ、直に引き取ることを決心し、家に連れて帰りました。
 
我が家の一員になった ”箱入り娘” 。とっても気が強く、噛みついたり引っ掻いたりと大変でした。
僅かな隙を見ては脱走し、先日は三日間の家出となりました。
 
悪びれた様子もなく、少々スリムになって帰宅。この先どうなるか不安でしたが、
このところ大分落ち着き穏やかな顔つきになりました。
 
思い返せば、我が家ではそんな訳あり猫を今まで沢山飼ってきたと思います。
それぞれ思い出すたびに、殺処分されずに本当に良かったと思います。
 
最近、家の周りでは野良猫も少なくなりましたが、まだ心無い人達に捨てられた猫が
ダム周辺に沢山いることを知りました。
 
わが身を考えると以前の様に沢山飼う事は困難ですが、野良猫撲滅のために
活動している獣医さんたちにこれからどんな協力が出来るだろうかと
想いを巡らせているこの頃です。
 
2014年5月
 
我が家では、13年間生きた金魚がいました。
金魚の寿命は、どのくらいか分かりませんが、かなり長生きしてくれた琉金でした。
その金魚は、今年の冬に天国に向かって泳いでいきました。
 
飼った当時は、黒色で親指の爪くらいの大きさでしたが、年々大きくなり赤色に変わり、
15cmくらいの大きさまで成長して、水槽のサイズも成長とともに大きくして楽に育てました。
一匹飼いでしたので、キッチンの流し台の上で飼っていまして、いつも朝食から声をかけをして遊んでいたので、
それはそれはびっくりするくらい人になついていて、ストレスもないのか良く眠る金魚でした。
 
泳ぎだすと尾びれが優雅で、ゆらゆら~ふわふわ~と泳ぎ、私と目が合うと瞬きとしてなんともいえないくらい
可愛くて仕方がありませんでした。
 
そんな金魚が今年に入り、高齢のため体が横転して、自分の力では泳げなくなりました。
老衰が近づいてきたのです。それから私なりの金魚への介護が始まりました。
 
冬の温度管理、PH管理、ストレスのない楽であろうと思われる体位を整え、
時々抱っこして、エアレーションに近づいて、新しい空気を含ませてあげていました。
自己流ですが、その成果があったのか動けなく、泳げなくなった金魚は2ヵ月も頑張ってくれました。
 
その金魚は亡くなる時、隣の部屋に居た私を、バタンという音とともに、立て札が床に落ち、
その音で知らせてくれました。
 
すぐに飛んでいき、一生懸命、自己流の蘇生をしましたが、今回だけは息を吹き返してはくれませんでした。
 
しかし、その日は偶然にも家族全員が集まっていた日で、皆に「頑張ったね、えらかったね、ありがとうね」
と声を掛けてもらえたのでした。
 
この金魚一匹を通して、学ぶ事が沢山ありました。
 
今でも流し台に立ちお皿をあらっていると、ふわ~とこちらに向かって泳いでくる姿を思い出します。
 
 
2014年4月
 
みなさん、こんにちは。
新年度に入り、いかがお過ごしでしょうか。
 
春といえば、新入生、新学期、新社会人など、始まりの時期でもあります。
 
私事で恐縮ですが、実は今月で勤続8年となりました。
まだ8年…という意見もあると思いますが、私にとってこの時間は、
私自身の成長と、たくさんの経験をさせていただいた貴重な時間でした。
 
そして、いつもサポートしてくれるスタッフの存在に、この場を借りて、
日頃の感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 
今まで、本当にありがとうございました。
もちろん、これからもよろしくお願いします!
今年度もまた、スタッフ同士、支えあいながら、日々精進していきたいと思います。
 
 
 
2014年2月
 
毎日寒い日が続いていますね。ぬくぬくした布団から出られず、冬眠する動物がうらやましい毎日です。
 
ですが、ここ最近は地球温暖化の影響でしょうか、暖冬で、どっさり雪が降って積もる事も少なくなりましたね。
 
私は東北の出身なので冬になると空き地でスキーをしたり、そりすべりをしたり、朝もまずは雪かきから、というのが冬でした。生活の上では今の降雪量位の方が行動しやすいですが、少し寂しいような気もします。
 
そんな中、寒い中での楽しみは温泉です。なかなか温泉地には行けないので、スーパー銭湯でお風呂を満喫しています。雪が積もっているなかでの露天風呂だったら最高だなと、思うところです。
 
これから2月は更に寒さが増してきます。寒い中での楽しみをみつけつつ、春を待ちたいなと思います。
 
 
 
 
2014年1月
 
明けましておめでとうございます。年末年始はゆっくりと過ごせたでしょうか。
 
去年を振り返ると、バタバタしているうちに通り過ぎてしまったような感じがします。去年は、風邪をこじらせたり、歯医者通いとあまり体調管理もうまくいかず…。
 
今年は、もっと充実した毎日を過ごせるよう、体調管理にこころがけたいと思います。
 
年末は、家族とゆっくり過ごすことが出来ました。いつもは保育園通いをしている息子も、パパ、ママに甘えまくり。娘もここぞとばがり、わがままばかり…。
 
そんな子供達に囲まれながら、今年も家族仲良く、仕事も頑張っていけたら良いと思います。
 
 
 
 
2013年
 
2013年もわずかとなりました。
12月は師走ともいい、特になにがあるとはなしに、何となく気忙しい月です。
 
10才と2才の子をもつ私にとって、この気忙しい時期を家族4人、いかに健康で過ごすか、不意の通院や看病で時間をとられないようにできるかが、毎年頭を悩ますところです。
 
今回は、真冬のこの時期を健康に過ごすための一つとして、インフルエンザの予防についてお話しさせていただきます。
 
インフルエンザはご存じの通り、毎年秋の終わり頃から流行り始め、真冬に大流行します。型によって多少病状は異なりますが、発熱、喉の痛み、全身の筋肉痛など、かかってしまうとかなりつらい思いをします。
また厄介なことに、ウィルスで感染してしまうため、発病すると大した熱や病状がなくても(回復したつもりでも)、一定期間、学校や会社を休まなければなりません。年の瀬も押し迫っている時にとても困りますね。
 
そこで我が家では毎年、インフルエンザの予防措置として、予防接種を必ず受けることにしています。
と言っても、予防接種は「この型が今年は流行るんだろうな」と言う予測のもとに作られたワクチンを接種するので、完全にインフルエンザをブロックすることはできません。でも我が家は日頃の行いがいいせいか(笑)、予防接種でほぼ乗り切れています。
 
これまで、日本のインフルエンザの予防接種は注射タイプがほとんどでしたが、近年、鼻に噴霧するタイプのものも広まり始めました。これなら、注射を怖がって予防接種を受けられなかった、お子さんやパパさんにも(笑)安心ですね。
 
とは言っても、先に書きました様に、予防接種は万全万能ではありません。
手洗い、うがい、バランスのよい食事とよい睡眠をこころがけ、インフルエンザウィルスに負けない身体作りが不可欠です。また、これは風邪をひかない身体作りにも通じます。
 
インフルエンザや風邪など、不意の病気に奔放されることなく、2013年大晦日まで皆様明るく健康ですごされますように。
 
 
 
2013年
 
11月に入り今年もあと2ヵ月。だんだん寒くなってきた今日この頃。
我が家の1歳になる息子は寒さなどどこ吹く風。
1ヵ月前に歩き始めたと思ったら、外であるかせようものなら目を離したすきに
 
猛ダッシュ!!
 
最近では何か興味のある物が目につくと 「これ、これ」 としゃべって教えてくれます。他には 「ママ」 「パパ」 と言う事ができるようになりましたが、ママに 「パパ」 と言ってることもあったり (笑)
 
子供が親を成長させるといいますが、まさにその通り。毎日子供の成長を少しずつ実感するとともに、親共々 成長させてもらっている感じです。
 
これから子供がどんな成長をしていくのか楽しみです。
 
 
2013年
 
このブログをご覧の皆さん、こんにちは。
私は50代の看護助手です。と言ってもこの職に就いてやっと4ヵ月目に入ったばかりのニューフェース!!
 
この仕事は体力勝負!!その点、私は大丈夫!!
ジムに通って足腰鍛えてますから!!
 
以前は大会出場を薦められたこともあるくらいの肉体美!?だったんです。でも今はストレス発散のため、力まずにのんびりマイペース・・・。だからちょっと体の線はくずれちゃいましたが・・・。でも美貌はまだまだ衰えてませんよ!!
 
毎日慣れない仕事で大変ですが、一歩ずつ無理せず進んでいきたいと思いますので、応援宜しくお願いします。
 
 
2013年
 
今年も厳しい残暑が続いていますが、いかがお過ごしですか。
我が家では、この夏家族にとって 初となる海外旅行に行ってきました。
行き先はグアム。私にとって海外旅行は10年ぶり、グアムは初めてでした。
 
現地に着くと、空港、ホテル、お店の方など、会う人が皆底抜けに明るく、フレンドリーでした。つられてこちらのテンションも上がってしまい、若干日本人離れした顔をもつ私は、話せない英語を顔でごまかし、気分はすっかりアメリカ人。環境でこんなに人は変われるものなのか。自分の新たな一面を発見した瞬間でした。
 
天候に恵まれたこともあり、日中のほとんどの時間を海遊びで過ごしました。特に綺麗な海でのシュノーケリングは最高でした。日頃クリニックの水槽で見慣れた、カラフルでかわいい魚たちとたわむれていると、時を忘れ子供達以上に夢中になっている自分がいました。
 
4日間の短い旅でしたが、雄大な自然や異文化に触れ、沢山の刺激を得るとともに、いいリフレッシュが出来ました。時には、仕事を離れ、環境を変えてあげることは、心身ともにいい薬になると、そう強く感じさせてくれる旅でした。
来年はどこへ行こうかな…。一年後が待ち遠しいです。
 
山﨑 健司
 
 
 
2013年
 
こんにちは。
今回ブログ担当になりました氏家です。やっと梅雨明けかと思いきや、急激な暑さにかなり参っています。
 
皆様、暑さや熱中症対策は大丈夫でしょうか。そんな暑さが来る前に家族5人(主人、私。長男、長女、次男)と毎年恒例、主人の会社の社員旅行へ行ってきました。行先はディズニーシー。いつも梅雨時期に入ってしまう頃にお願いしているので(家族単位でいけるのです)天気が心配でした。一週間前から天気予報とにらめっこです。一週間前は雨!2~3日前まで雨模様の予報で雨具を買いに行ったりと、バタバタでした。
 
当日、良い天気に恵まれ出発。ディズニーシーは長男は遠足等で行っていますが、家族では2回目になります。そして現地へ開園より遅れて到着。前回はあれです、主人が言うタワーオブテラーに初めて乗り。(初めてのため怖さを知らず乗ってしまった当時小学2年の次男と私。途中まで足に当たる風は演出と思い込んでいて安心しきっていましたが違った!!)
そんな乗り物はやはり人気があるからとファストパスだけでも…と、向かおうとすると『ボクイヤダよ』と次男。ハイ弱気発言頂きました。長男には、『何言ってるんだよ!』といわれ。とりあえず主人にはファストパス確保へ向かってもらい、他4名はセンリンディビュッフェへ予約に向かいました。ビュッフェはどうやら事前予約が多く、予約はできませんでした。(帰って友人曰くネット予約を行くときにするんだよと)タワーオブテラーはやはり110分待ちの上、パスで夕方…。恐るべし30周年。本当に歩くのも大変な位ひと、ヒト、人。不慣れな私たちは、他の乗り物~♪と行くもほとんど100分
前後待ち…。
 
ウロウロして、アラビアンコーストまで辿り着き、まだお昼前だと言うのに足が痛くなってしまいました。そして、シンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジの中へ、ヤッター座れる(心の叫び)ホッと一安心です。ストーリーのネタばらしは省きますが、ランドのイッツアスモールワールドみたいでしょうか。なかなか良かったです。何だかんでビュッフェでお昼、並びましたよ、ハイ。ここぞとばかりに食べ過ぎた主人は歩けなくなり、最後のカレーが効いたようです。先に長男と娘、私でレイジンブスピリッツへパスの時間で向かうと、メンテナンスですと中へ入れずというダブルハプニングもありましたが、一度疲れたのでチェックインしようと、ディズニーリゾートラインでディズニーランドホテルへ。ディズニーと言う位なのでモノレールの窓がミッキー型だったり、室内もディズニーと尽くし。スタッフのNさんが私も泊まりたーいと言うあの素敵なホテルです。娘は温泉が好きなので、物足りない様子でしたが、少しゆっくり休んでから再びディズニーシーへ。もう夜だったので到着すると花火が上がって、入ってすぐのアクアスフィアと(大きい地球ですね)のライトアップも一緒に見られて、とてもきれいでした。

夜のシーは、昼間と違いとても雰囲気が素敵でした。
メディテレーニアンハーバー周辺が一番よかったです。そして夜にやっとレイジングスピリットへ来ることができました。次男は今回背が伸びた(2年たってたので)おかげでほとんどの乗り物はOKでしたが、なんせ怖がりなのでずっと私の隣をキープしていました。
 
レイジングスピリッツもそうですが、1回転するんですよ!これが。安全バーはあるけど、チビが心配…。違う意味で落ちないかとかハラハラ。(親バカですね)終了後、泣きべそかかずも、少しおとなしくなってしまった彼でした。(私も最近めっきり絶叫系が苦手の範囲に入ってしまったのは内緒です)今年は激混みで上手くまわることができなかったですが、待ち時間が長い分毎年大きくまっていく子供達と楽しい会話や一時を過ごす事ができました。
 
 
 
 
2013年
 
梅雨入り発表から数日たちますが雨が降らず、自転車通勤の私にはうれしい日々が続いています。我が家の次男セキセイインコのそらは、今日も元気に長男の部屋を飛び回っています。
昨年の今頃そらは、メガバクテリアという菌に感染し、飛ぶこともできない状態でした。
 
糞便検査では画面に無数のメガバクテリアがいて、朝・夕 スポイトで抗菌剤や整腸剤を流し込み保温電球で温める日々。
 
両足だけでは体が支えられず、鳥かごの柵を口ばしで噛み息もたえだえの状態でした。
 
6ヵ月の通院と内服で徐々にメガバクテリアの数が減り、医師から完治と言われた時は本当にほっとしました。
 
そらは、今日も元気に飛び回り、洗面所で水遊びしたり、ビービー弾をくわえて止まり木から落として遊んだりやんちゃな私を和ませてくれています。
 
人間も、鳥も便は大切な健康のバロメーターですね。これからもそらが、健康で暮らせるよう糞の状態チェックを忘れずに見守っていきたいと思います。
 
 
 
2013年
 
私事ではありますが、2月に育児休暇が明け、復帰いたしました。ご迷惑をおかけした先生方やスタッフの皆様のため、そして数ある病院の中から当院を選んでくださった患者様のため、精一杯看護させていただきたいと思います、私の復帰後、大腸検査をしてくださった方の中には、妊娠中の私を覚えていてくださった方もいました。嬉しさのあまり、話が弾んでしまいました。
 
そもそも私が看護師を目指した理由は、誰かにとって必要な人になりたかったからです。「看護師さん。」ではなく、名前で呼んでもらえるような、そんな看護師を目指したいと思っていました。私らしい看護が出来るよう、初心に帰って仕事に励みたいと思います。
 
先日、次女の入学式がありました。卒園式で綺麗に咲き誇っていた桜が、跡形もなく散ってしまい、葉桜になっていましたが、お天気にも恵まれとても晴々しい日となりました。41名のかわいい1年生達は、個性的な衣装に身を包み、大きな声でお返事をしていました。今では、大きなランドセルを背負って、片道40分程の道のりを、毎日お姉ちゃんに手荷物を持ってもらいながら、元気に登校しています。長女とは違って、人見知りもなく、早速お友達も出来たようで、毎日が楽しそうです。さすが次女。
 
先日引っ越しました。といっても、実家に仮住まいですが…。新居が決まるまでのほんの数カ月…数年…の間の予定です。でも、ほとんど1人暮らしだった母には、静か過ぎて、広すぎて、寂しかった家(のハズ)なので、孫達との生活によって、一気に騒がしいく賑やかになった毎日が楽しいかな…と思います(本音は怖くて聞けません)。
 
暖かい日が続き、そろそろ衣替え…といきたいところですが、朝晩はまだ寒いし、もうすぐ梅雨の時期となりますね。まだまだ寒暖の差がありますので。体調管理には気をつけて下さい。
 
 
 
2013年
 
季節はすっかり春めいてきて、桜も所々咲いており、春が来るのが待ち遠しいばかりです。
 
ですが、花粉症の方は、この時期はとても辛く憂鬱なのだろうなぁと思います。職場でも花粉症で辛い思いをしている人が、結構います。
 
私は、幸運にもまだ花粉症になったことがないので、こんな悠長なことを言ってられるのかもしれませんが・・・(花粉症の方、すみません)
 
とにもかくにも、私にとって、これからの季節(春~夏にかけて)は、一番大好きな季節なのです。
この時期になると、毎年、ママさんバレーの練習が始まります。自分で言うのもなんですが、スポーツは割りと得意な方で、小さい頃から体育の時間だけが、唯一目立つことが出来きる場でした。ママさんバレーでも、その運動神経を発揮できる唯一の場なため、毎年この時期がくるのを、楽しみにしています。
 
そんな私にとって・・・今年は、その大好きなバレーも出来ないかもしれません。
それは、去年の夏、腰椎間板ヘルニアで入院し、手術をしたばかりで、まだ左足に痺れが残っていて、バレーをやるには、ちょっと自信がもてないからです。
 
そうなると、今年は楽しみが1つ減ってしまいましたが、その他にも、ささやかながら、楽しみはたくさんあります。暖かくなると、朝起きるにも楽ですし、もっと暖かくなると(暑くなると)ビールも美味しくなりますし、意味もなくどこかに出かけたくなりますし、なんとなく、わくわくしてしまいます。洋服を買うにしても安いですし、掃除するにもしやすいですし、昼寝するにも気持ちいい時期ですし・・・。
 
最後になりますが、真夏の昼寝は、いくら電気代が掛かるからといって、窓を開けて寝れば大丈夫という甘い考えはやめた方が、いいですよ!
そんなことを思っているのは、私だけかもしれませんが・・・
私は、一昨年まではそう思っており、恥ずかしながら熱中症になり、3日間入院したことがあるのです。
 
そんな苦い思い出もたくさんありますが、私にとって、これかの季節は、とても楽しみです。皆様は、これからの季節、どうお過ごしになる予定ですか?
 
 
 
2013年
 
ここ数年、外国語から日本語に翻訳された文芸作品を読む事が多いのですが、
有名な作品になりますと、ひとつの原作に対して何人もの翻訳者が存在する事
も珍しくありません。
そして、それらを読み比べてみるのもまたなかなかに楽しいものです。
 
翻訳ものを読んで行くうちに、だんだんと無い物ねだりが始まります。
例えば、
内田百ケンの訳でフランツ・カフカを読みたい。
三島由紀夫の訳でマルキ・ド・サドが読みたい。
夏目漱石の訳でウィリアム・シェークスピアが読みたい。
矢川澄子の訳でオスカー・ワイルド「サロメ」が読みたい。
などなど。この辺りは多くの方も同じ事を考え、そわそわしたことがおありだ
と思います。あると思います!吟じますよ!前田吟じます。
百閧フカフカとか、わくわくしますよねえ。三島のサドだって、澁澤龍彦より
的確かつ官能的かもしれない。
 
上記では矢川澄子さんにリクエストしたワイルドの「サロメ」、私は福田恆存
版と日夏耿之助版を持っていますが、それぞれがそれぞれに、とても好い。
日夏耿之助訳のほうが、やや高飛車で王女らしいサロメ像にも思えます。
昨年、平野啓一郎訳も発表になりましたね。平野版サロメの活字体験はしてい
ないのですが、宮本亜門が演出した実際の舞台の方をテレビで観ました。
サロメ役の多部未華子の素晴らしいこと恐ろしいこと。一番怖いサロメかもし
れません。
 
その人の文章の癖や性質で調理してほしい異国の作家の異国のことば。
実現しないものほど、実現して欲しくてたまらなくなるのかもしれません。
 
 
2013年
 
猫柳の芽もようやくふくらみ始め、春がすぐそこに来ているのが感じられます。しかし、まだまだ寒い日が続きますが、皆様はどうお過ごしですか。
 
私の趣味は釣りなので、暖かい季節は休みになると朝早くから川や池、沼などに出かけます。今の季節は魚も人間も同じですね、活動が少なくなり動かない魚が多いため、釣れません。
 
そこで私は休みを満喫し、リラックスできる方法を考えました。それはマッサージに行く事です。日々忙しい毎日の中で、知らず知らすの内に肩や首や眼に負担がかかっています。初めは何となくという興味で足を運んでみましたが、一度マッサージを受けたら感動の一言。帰りは体重が10kg くらい減ったような軽さでした。また、マッサージ中に寝る心地よさは幸せを感じます。今までは、忙しくても少しでも時間が空いた時は癒しを求めて出向いてしまいます。
 
これから暖かい季節になりますが、私はきっと第一にマッサージ。第二に釣りを選ぶ事でしょう。皆様も忙しい日々の疲れをマッサージで癒されてみませんか。きっと病み付きになるかも。ただし、お店によって合う、合わないがあるので吟味して下さいね。
 
 
2013年
 
 
早いものでもうすぐ年の瀬、皆様には毎日慌ただしくお過ごしの事と思います。
 
皆様は今年1年を振り返り、どんな1年でしたか?私は仕事と家事、育児と毎日忙しく過ぎて行った1年でした。
 
そんな中でも仕事がお休みの日には、高校2年になる息子のバレーボールの試合を観るのが楽しみの一つで、練習試合や大会には必ず見に行きました。
 
バレーボールが大好きで、心の底から楽しんでいる姿を見ていると親としてもとても嬉しく誇らしく思えます。
 
でも来年は受験生、部活も夏には終りで息子の追っかけが後1年も出来ない事を思うと少し寂しく思いながら…
 
兄の姿を見て育った次男(4才)の追っかけが出来る事を夢見て、日々の生活を楽しんでいけたらと思っています。
 
寒さも厳しいですが、お身体を大切に良いお年をお迎え下さいますようお祈り致します。
 
 
2012年
 
日増しに朝晩はだいぶ肌寒く感じるようになってきましたが、皆様はいかがお過ごしですか?
 
私は先日一足先にディズニーシーにてクリスマスのイルミネーションを楽しんできました。クリスマスならではのショーや夜の海には美しいツリーが光り輝き、ロマンティックなムード満載で心温まる楽しいひと時を過ごしてきました。
 
今年のイベントは「願い」をテーマにしており、私も7つある全てのツリーに一つ一つ願いを込めてきました。
これから色々な場所でクリスマスのイベントが始まりますね。
願いを叶えるクリスマス!皆様は誰と一緒に過ごしますか?
 
夢の国と言われるディズニーリゾート。それは、いつ行ってもゲストにきめ細かなサービスやおもてなしをしており、現実世界を忘れさせてくれる素敵な場所です。また、いつでも笑顔でいられる所です。
 
私も看護師として患者様により良いサービスや看護を提供できるように日々心がけて笑顔で頑張りたいと思います。
 
 
 
2012年
 
 
秋も深まり朝晩と肌寒くなってきましたね。皆さんいかがお過ごしですか?
 
先日私は、日光東照宮へと行ってきました。東照宮といえば「見ざる・聞かざる・言わざる」の三猿や「眠り猫」の彫刻が有名ですが、私は陽明門がお気に入りです。白色の竜・子供達・獅子・獣・鳥・草花など金と色彩に彩られた彫刻は、目を疑うほど細かく彫られていて何回みても感動します。
 
ですが、残念なことに来年春から約6年間に渡る陽明門の修復工事が始まり、しばらくの間見られなくなるそうです。工事が始まる前にぜひ東照宮の建築文化財、澄んだ空気、パワーを目と肌で感じてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
2012年
 
やっと秋風が感じられるようになってきました。今年の残暑は長く厳しかったですね。体調を整える為にも食事、睡眠を十分に取るようにして下さい。
 
ところで、皆さんの夏の思い出は何ですか?
私は昨年初めて秋田県大曲の花火競技会に行ったのですが、その時の感動が忘れられず、今年も行ってきました。大曲のある大仙市の人口は約9万人のそれに対し今年の観覧者数は76万人との発表でした。
会場の雄物川周辺は人、人、人…(なんのその!しっかり歩いて会場へ!)まだ明るい空に色彩をあざやか描く昼花火…そして夜花火テーマ(今年は「つながり」)と音楽に合わせて打ち上げる。
創造花火にはどこからともなく「お~!」と喚起とも賞賛ともとれる声が…まさに夢の世界に迷い込んだような感動と美しさに包まれた2時間30分でした。(帰りの人混みは現実に戻される思いですが…)
 
皆さん「玉や~」の花火も良いですが、音楽に合わせて打ち上げられる創造花火もとても美しいですよ!御覧になっていない方、一度は夢の世界に足を運んでみませんか?
 
 
 
2012年
 
毎日暑い日が続いていますが、朝・夜は肌寒く秋の訪れを感じますね。皆さんは、秋といったら何を思い出しますか?
 
私は1番に「食欲の秋」を思いだします。食べる事が好きな私は、美味しいと評判のお店、新しく出来たお店はチェックをし、家族や友人と食事をしに行きます。先日行ったお店で改めて感じた事がありました。それは、食欲と色彩です。そこのお店はモダンで落ち着いた雰囲気なのですが、料理の彩りがとても美しく、食べるのがもったいないと思ったくらいです。料理を見ただけで、大満足になり、楽しかった。また行きたいという気持ちになりました。食事をした後、改めて人は視覚で食欲を左右する事に気付きました。自分でも料理を作るのですが、ただ料理を作り、食べるだけでなく、美味しく感じさせる工夫も大切なのだと思いました。
 
「美味しかったよ!また作ってね!」と言われると嬉しいですし、これから来る冬の寒さに備えてしっかりとエネルギーを蓄えてもらいたいですからね。皆さんも食べ物に感謝をし、旬の物をより美味しくいただきましょう!
 
 
 
2012年
 
残暑がいっそう身にこたえる毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか?冷やしたスイカにかぶりつくのが楽しみな季節となりましたね。毎日、猛暑が続いておりますので、少しでも暑さを紛らわせる話をしたいと思います。
 
私はスノーボードが趣味で、毎年冬になると滑りに行きます。2年連続で北海道に行きましたが、ここら辺の山ではあじわえないほどの最高の雪質・・・絵に描いたような景色・・・どこもかしこも『感動』の一言です。宮城県 蔵王では初の樹氷も見ることができ最高の思い出です。後半年で私の好きな季節がやってきます。早くパウダースノーを楽しみたいです。
 
少しは涼しい気分になりましたか?
 
まだまだ暑い日が続きますが、熱中症にならないよう、こまめな水分・塩分摂取を心がけて下さい。
 
 
 
 
2012年
 
春の節句を迎え、暖かさを感じる事が多くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?寒さが厳しい冬を経ての暖かさはそれだけで気持ちが軽やかになり、体調も良くなりますよね。
 
私は以前病気になった時、とても多くの方々に支えていただきました。普通に職場に来て働く....。普通に生活をする....。今までは無意識に出来ていた事が一気に困難になり、大変不自由を感じました。それは私が想像していたものよりはるかに長期に渡り、ストレスもかかりました。
 
家族の献身的な看護、職場の方々からの温かいお気遣いや励ましの言葉は、ふさぎがちな気持ちにいつも勇気を与えてくれました。
 
病気を通じて私が受けた数々のご厚意に対しまして、今後はご来院された患者様に微力ながらも恩返しさせて頂ければと思っております。
 
 
 
 
2012年
 
毎日寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?2012年は辰年=龍の年ですね。十二支の中では唯一目に見えない動物となっておりますが、龍にちなんだ私のエピソードを書きたいと思います。
 
龍を見える人には見えるようですが、私は見た事がありません。しかし、『龍の国』と云われているブータンの国王夫妻を目の前で見た事があります。
 
それは、昨年の11月の某日、明治神宮の森の中と歩いていた時の事、偶然という偶然のタイミングでブータンのワンチュク王国、王妃、お付きの方が高級車から降りてきたのです。ふと境台を見ると神職の方々が一斉に一礼し出迎えており、新婚旅行として日本を訪れていたようです。
 
私は、以前より、ブータンという国に興味をもっており、国民の97%(国民総幸福量GNH)が幸せと答えるなんて一体どんな国なんだ??と感じながら、ブータンを紹介する番組にくぎ付けになった事があります。国民総生産(GNP)で示されるような金銭的、物質的豊かさを目指すのではなく、精神的な豊かさ、幸福を目指したブータンは「幸せの国」と言われています。
 
明治神宮でのワンチュク王国は噂のとおりイケメンで、とにかく人柄が表に現れている方で、穏やかな立ち振る舞いの中、手を合わせてお祈りする姿はとても美しく眩しいものでした。そして、時折王妃様に声を掛ける時の優しい眼差しがとても印象的でした。
 
翌日、ワンチャク国王夫妻が、福島県相馬市の小学校訪問の際に、国王は子供たちに話した言葉があります。「龍は水を飲むと思いますか?」という問いに子供たちは、ハイと手を上げています。
 
  皆さん龍を見たことがありますか?
 
  私はあります。
 
  皆さんそれぞれの中に龍はいます。
 
  龍は『経験』を食べて大きくなります。
 
  年を追うごとに龍は大きくなるのです。
 
  皆さん、自分の中の龍を大切に育てて下さい。
 
とても素敵なお話しだと思いました。そして、今年は龍年という事で私は、「自分の中で龍を育てる」ことをイメージしながら、1つ1つの経験を大切に自分の龍を育てていくことを今年の目標としました。そして本当の幸せを、ブータンという国を通して、これからも勉強していきたいと思います。
 
 
 
 
2011年
 
日増しに秋も深まり、朝夕肌寒さを感じるこの頃です。紅葉前線も山から平地へと移り、我家のもみじも色付き始めました。秋晴れに恵まれた休日、滝尾寺社の古道を歩きたく、1人リュックを背負って電車に乗り込みました。
 
紅葉の始まった林や、時々見え隠れする山々の美しい風景を車窓から眺めていると心がわくわくして来ます。東照宮近辺は紅葉の見頃とあって、神橋へと続く道は車やたくさんの人達で賑わっていました。いつも多くの外国人観光客が行き交う場所ですが、地震や原発事故の影響なのかほとんど姿がみえず驚いてしまいました。
 
いつもより水量の多い大谷川の赤や黄に染まった木々を楽しみながら杉林に足を踏み入れると、今までの賑わいが嘘の様に静まり返っています。そしてうっそうとした中に歴史の古さを感じる石畳の古道が続いています。
 
ゆっくりと石畳を歩いて行くとコケむした石仏や鳥居、神馬の碑等たくさんの旧跡に出会えます。静まり返ったこの空間が自分だけの時が流れている様で、とても贅沢な気持ちになりました。
 
そこからもみじの美しい浄光寺へと足を延ばして、境内を散策していると“一緒にお参りしませんか?”と82才の元気なおばあさんに声を掛けられました。初対面の私にお線香を1束買って下さって恐縮してしまいました。楽しい会話をしながら2人でたくさんのお地蔵さんに手を合わせました。本堂でお賽銭を上げ様とするので“今度は私が出します。”とお金を差し出すと“お賽銭は自分で出すものです。”と叱られてしまいました。帰りには“いつまでも元気でいるんだよ”と背に声を掛けられどちらがお年寄りなのか1人で可笑しくなってしまいました。
 
小さな1人旅でしたが、身も心も充分にリフレッシュ出来た楽しい1日でした。心地良い疲れが次の日の活力になり、また明日も笑顔で頑張ろうという気持ちにさせてくれました。
 
 
 
2011年
 
10月に入り秋も深まり、朝晩はだいぶ肌寒くなってきました。
 
秋といえば、スポーツ、食欲、様々な秋がありますが、皆様どのような
秋を過ごしているでしょうか。
 
私は、いつもつい食欲に走ってしまいがちなので、スポーツの秋にしよう
とホットヨガに挑戦してきました。
 
呼吸を整えて、ポーズやバランスをとるために集中し、1つ1つの動作は
ゆっくりとしていますが、翌日の筋肉痛はなかなかのものでした。汗をたく
さんかいた事での爽快感と心地よい疲労感を感じました。
 
続けることで体力作りにも繋がりますが、「体を動かす」楽しみを持ち、スポーツ
だけでなく、次はどんな事に挑戦してみようかなと、好奇心をもち日々生活してい
くことは、とても大切なことだと思いました。
 
日々の業務でも他に何ができるか?と好奇心をもち、挑戦する気持ちを忘れずに
充実した日々をすごしていけたらいいなと思います。
 
 
2011年
 
夏の終わりを感じるこの頃、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
 
ふと最近の自分を振り返り、「当たり前の大切さ」に気づきました。
先月、私は体調を崩し、気持ちの部分でも落ち込んでいる時のことでした。
いつも通り過ぎていく仕事のなかで、ミスが続き、人とのコミュニケーションなど、
普段何も感じていないことがスムーズに出来なくなっている自分が居ました。
「当たり前にしていること」その単純なことが、少しのきっかけで崩れてしまう‥それは辛いことです。
 
皆さまは、当たり前に感じているものはありますか?
 
実は、それを持っているということは、凄いことなんですよね。
 
当たり前を続けることは、たやすいものではなくて、自分が一生懸命にしてきたことを維持できている証です。時には、自分が得たものを振り返る時間というものが必要だと思いました。
少し止まってまわりを見る、そして次に自分のタイミングで一歩踏み出す。
振り返ることで、自分の力となりますように!
 
「当たり前」を大事にしていきたいですね。
 
 
2011年
 
こんにちは!当クリニックで看護助手をしております大渕です。いよいよ夏本番になって参りました。皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
今年は東日本大震災もあり、例年よりも「節電」を強く心がけていく夏を送っている方も多いのではないかと思います。となると、より一層暑さが身に染みる・・・夏って嫌だ・・・と感じる場面が増えたのでは?
 
そんな時、しみじみ自分が子供だった頃の「夏」を思い返してみました。夏といえば昼間はプールや昆虫採集!夜は花火に盆踊り!凄く楽しかったはず。いや、凄く楽しかった!何だか今よりも「暑さ」より「季節」を感じていたなぁ・・・なんて思いませんか?青い空に沸き上がる白い雲を見ると無性にワクワクして、夏を楽しんでいたよな気がします。そんな思い出をチラリと振り返りながら今年の「夏」を「暑さ」をポジティブに過ごしていきたいと思いました。
 
ただ、もう子供だった頃の体力は確実にないので・・・ポジティブも程々にですけどね!
 
 
2011年
 
7月に入り、日を追うごとに暑くなってきました。
 
節電も大切ですが、熱中症への備えも大切です。皆様、どのような対策をとっておられますか?
 
私は水分を多くとるよう心がけています。特に臨月に入ってからは代謝が良く「なりすぎている」ようで、じっとしていても汗が吹き出てきます。もともとお茶が好きなので、1日に2Lは飲んでいるでしょうか。ただ、水分摂取だけでは熱中症対策にはなりません。適度な塩分を摂取することが大切です。先日、スーパーで「塩分チャージ」というラムネ菓子のようなタブレットを見つけました。グレープフルーツ味で食べやすく、これならお子様でもお年寄りの方でも気軽に塩分摂取ができると思います。
 
8年ぶりのお産のため、しばらく産休をいただきます。
皆様がこの夏を無事過ごせるよう願っております。
 
 
2011年
 
震災からはや3ヶ月が経ち、これから暑くなる季節を迎える中、皆様はどのような節電対策の準備を行っていますか。私は小さなことですが、使わないコンセントを抜いたり、無駄な電気は使わないようにするなど、普段気にもとめていなかったことにまで気を使っています。
 
計画停電で当たり前の生活が送れず、真っ暗な寒い夜を過ごし、どれだけ電気に頼って暮らしていたか、電気の有り難さや大切さが身にしみて感じました。
 
今回夏に向けて当院では、全フロアーの照明を一部消灯、エアコンの温度設定の見直しなど、無駄な電気の見直しに努めています。そのため、患者様には大変ご不便をお掛けしておりますが、より一層患者様の気持ちに立って、より良いサービスを心がけて行きたいと思います。
 
 
 
 
2011年
 
 先日、シルク・ドゥ・ソレイユの「クーザ」を見てきました。会場に足を踏み入れたときから現実とかけ離れている異空間。ショーが始まってからは、とにかく驚きの連続でした。見ているだけで手に汗を握りながらも思わず涙するほどの感動がありました。素晴らしい体験ができ、どんな困難にもチャレンジする勇気をもらったような気がします。
 
 彼らのパフォーマンスに対するプロ意識がひしひしと伝わってくるショーでした。現在、内視鏡技師として日々邁進中ですが、自分もより一層の専門職としてのプロ意識をもち、患者様のために尽力していきたいと思いました。
 
小竹 
 
 
 
 
 
2011年
 
大震災から、まもなく1カ月が過ぎようとしています。
津波被害の悲惨さに驚き、また長引く放射性物質の拡散という
目には見えない恐怖に怯え、
多くの方々が悲しみと絶望、不安を抱えながらも
立ち上がろうとする必死の姿に涙が出ます。
 
私にできることは何か自問自答の日々
停電の夜にふっと思いました。
「夜は静寂と闇につつまれるものだったんだなあ」
私たちの生活は家電製品にあふれ、
便利で快適な生活へと進化し続けています。
便利さ快適さと引き換えに
神様が創った世界を
人間という動物がどんどん複雑にしているように思えてなりません。
 
生活に必要な電気や石油の量を調達すべく知恵を絞る人間たちの姿に
禁断のりんごを食べてしまったアダムとイブがだぶります。
限りある資源の量に生活を合わせるという
少し不便の生活のなかから人間のあるべき姿が見えてくるような
気がしました。
 
近い所へでも車を使い、さらに入口により近い駐車場を探す(・・:)という
怠惰になり下がっていた己の生活を見直すことから
私にできることが始まるのかもしれません。
 
このクリニック開院の年に亡くなった父が
植えていった桜の苗木に
今年も花が咲き始めました。

人々の苦悩とはうらはらに自然は流れていきますね
 
今回の災害で被害に遭われた皆様の傷ついた心が
やってきた春に少しでも癒されることを願います。
 
そんなことを考えながら
まずは当クリニックを信頼して下さる患者様おひとりひとりに
安心をご提供できるよう、スタッフ一同頑張ります。
管理部長 渡辺良子
 
 
 
 
2011年
 
 
私は、事務で情報処理をしている中野と申します。医療業界で仕事をしている中で、最近は健康に気を使うようになりました。今月からは自転車で通勤しています。久しぶりに運動というか体を動かしたので、初めは行き帰りだけで精一杯でした。しかし、1週間ぐらいたつとかなり体も慣れ、先週からは、毎週木曜日を「運動する日」と決め、走ったりしています。来月からはジムにも通い、病気にならない体つくりができるように頑張っていきたいと思います。まだまだ寒い日が続くと思いますので、皆様も風邪などを引かないように体には気をつけて下さい。
 
 
 
中野 智仁

 
 
 
 
 
 
 
2011年 
 
 
10年程、総合人材サービス会社にて勤務しておりましたが、人の役に立てる仕事に就きたいという想いから、この度、全く未経験である医療業界へ事務担当として飛び込んできました。
 
入職し2週間が経ちましたが、院長をはじめ全スタッフが、専門医療に対する強いプロ意識を持っており、患者様の為に出来る最善の対応を目指し、全力で仕事に取り組む姿がありました。勤務終了後も、様々な勉強会を行ったり、個々スキルアップの為に資格取得を目指したりと、努力を惜しまない姿に強い刺激を受けている毎日です。
 
私が入職を決めた“常に患者の立場に立ったサービスを行う”という医院理念は、形だけでなく、確実に医院内に浸透していました。
 
まだまだ分からない事だらけで、奮闘の日々が続いておりますが、ご来院された全ての患者様に、来てよかったと心から思っていただけるよう、知識の習得はもちろんの事、言葉ひとつ、行動ひとつから気遣いの出来る事務のスペシャリストを目指して精進してまいります。
 
 

山﨑 健司
 
 
 
 
 

2011年 

 
 

昨年の大腸内視鏡検査が3000件を優に越した。胃も入れると5000件以上となる。
我々の様な施設としての使命は、治療よりも病気を見つけることにある。
 
こういった意味合いでは、検査に対するイメージを決して悪くしてはいけない。定期的に検査を受けてこそ、早期発見ができるわけで、開院以来努めてきた、苦痛の少ない、安楽な内視鏡の技術が少しずつ浸透し、患者さんたちが、当院を評価して下さっているのかもしれない。大変うれしいことである。
 
昨年末、私どもの大腸内視鏡の挿入法が、かつての同僚たちによって執筆された教科書となって発売され、飛ぶように売れているらしい。今だに、大腸検査の習得は難しく、良い技術を学びたいという先生方がたくさんいるということだ。これは、誇らしいことだ。
今年も、当院の医師団、内視鏡検査技師団、技術に磨きをかけ、身を引き締めて検査にあたらなければ。
 
 
 
 

大腸・肛門病センター長
東  紘史

 
 

 
当院と関連のある病院や医療情報サイトをご紹介します。
こちらのページに進んでください。 >>
 

 
当院では、私どもと一緒に働いていただけるスタッフを募集しております。
 
現在の募集内容については、こちらのページでご確認ください。>>

当院で手術を行った患者様は NCD(National Clinical Database) に登録させて頂いております。  詳しくはこちらをご覧ください >>